自動車保険の特約の例

自動車保険には、様々な特約を付帯できます。当て逃げ補償の特約を付けておけば、駐車中の無人の自動車へ他人の車からぶつけられて破損した際に、事故の相手を特定できなくても損害を補償してくれます。事故の相手がいない単独事故をカバーする車両保険と同じように、事故の相手からの賠償が不可能な場合でも、補償してもらえる非常に便利な特約なのです。また、弁護士費用特約を付けると、あらゆる交通事故の示談交渉を弁護士が代行してくれます。 この特約に入っていないと、もらい事故など交通事故の一方的な被害者になった場合、保険会社が示談交渉を代行できないことから、弁護士に高額の報酬を支払わないと依頼できません。特約のおかげで費用負担なく紛争に関する交渉のプロである弁護士に依頼できれば、心理的にも楽に示談交渉を有利に進められるでしょう。

家族を守る日常事故賠償特約

家族が他人に損害を与えてしまった場合、賠償責任を負わなければなりません。他人に損害を与える場面は様々です。スキーやスケボーをしていて他人に衝突したり、誤って蹴ったボールが他人にぶつかったりして怪我をさせた場面など、枚挙にいとまがないでしょう。特に、自転車事故は要注意です。坂道などでスピードが出たまま、高齢者といった身体の弱い人に衝突したら、大怪我を負わせてしまうかもしれません。そこで、自転車保険に加入する必要性が高まっているのですが、自動車保険の日常事故賠償特約を付帯しておけば、自動車の運転者だけでなくその家族が自転車に乗って他人に損害を与えた際に負う賠償責任をカバーしてもらえます。

自転車だけでなく、スキーやスケボーといったあらゆる乗り物や道具によって他人に損害を生じさせたときも賠償について補償してくれるため、とても頼りになる特約です。