加入する際は使用目的を申告する

自動車保険は、運転する人の誰もが自賠責保険に加入していますが、自賠責保険だけではまかないきれない事故が発生することもあります。そうした場合、自賠責保険のみであれば、不足している分の金額は自分で用意しなくてはいけません。場合によっては、莫大な金額になる可能性もありますので、もしもに備えて任意保険にも加入しておきたいところです。任意保険に加入する際は、使用目的を申告する必要があります。使用目的は通勤通学と日常レジャー、業務の3つに分けられています。使用目的により発生リスクも異なるので保険料も変わってきます。通勤通学では、毎日のように車を運転することになるので、日常レジャーに比べると事故発生率が高くなると考えられており、保険料は高くなる傾向にあります。

月に15日以上通勤や通学に使うなら

日常レジャーを選ぶのか、通勤通学にするのかで悩んだときは、月に何回ぐらい通勤や通学のために運転をするのかを確認してみましょう。月に15日以上を通勤や通学に使っているのであれば、通勤通学を選ぶことになります。家族の送迎のために車を使用している人もいますが、最寄り駅までの送迎なら日常レジャー目的になることもあります。さらに、保育園は学校ではありませんので、保育園の送迎も通勤通学にはならず日常レジャーになります。使用目的を間違って申告したまま放置していると、事故に遭った場合も保険金の支払いが行われない可能性もありますので、間違って申告した場合は早めに変更手続きを行っておきましょう。使用目的が途中で変更になった場合も、早めに保険会社に連絡をするようにします。