安全運転だけではクルマのトラブルは防げません

自家用車を運転するときは、任意保険に加入することが求められます。十分な対人・対物補償に備え、搭乗者の死傷にも対応が必要です。保険料は上がりますが、車両保険をかけておけばクルマが破損しても一定の補償が得られます。自分は安全運転を心掛けているから、任意保険に加入するとしても最小限でよいと思う人がいるかもしれません。しかし事故には、自分の注意だけでは避けきれないケースがあります。

例えば当て逃げに遭った場合には、補償を求めようとしても交渉相手が誰だか分かりません。ケガなどは通常の任意保険でカバーされますが、車両の被害は、相手方が不明でも補償される契約内容の車両保険でないと修理代金はすべて自分持ちになります。免責額が小さくて、どんな場合でも補償される車両保険を契約しておけば安心できます。

示談交渉は保険会社ではなく弁護士の出番です

意外と面倒なのがもらい事故で自分に全く過失がなく、相手方から補償を得る交渉を行う場合です。任意保険の保険会社は事故を起こした場合の交渉はできますが、相手方に100%過失のある場合は保険会社の出番はありません。当事者に代わって示談交渉ができるのは、法律上弁護士に限られています。その弁護士費用を賄うのが弁護士特約です。

人身・物損のいずれの場合でも、弁護士特約の内容の範囲内で弁護士費用は保険会社が負担してくれます。加害者との交渉を自分自身で行うのは非常に負担が大きいので、弁護士特約を使えばそのストレスを免れることができます。保険料負担もそう大きくありません。また保険会社が了承すれば、自分の知り合いの弁護士に対応を依頼することも可能です。