業務を選んで仕事のときも補償を受けられるようにしよう

自動車保険を契約するときには、使用目的を保険会社に申告しなければいけません。通勤・通学と日常・レジャー、そして業務の三つのカテゴリーが用意されているので、自身の状況に合ったものを選ぶようにしましょう。もしも、主に仕事で自動車を使っているのなら、使用目的は業務を選ばなければいけません。保険料が高くなってしまいますが、仕事で利用しているときの事故でもしっかりと補償をしてもらえます。なお、業務で登録していたとしても、通勤・通学と日常・レジャーで事故を起こしたときも対応してくれるので安心しましょう。業務は一番対応範囲が広い使用目的になっているので、自動車をどのように利用していたとしても何かあったときは補償を受けられます。

補償を受けるために考慮すること

仕事に使うのが月に15日未満ならば、ほかの使用目的で登録しても大丈夫なため事故を起こしてもきちんと対応してくれます。しかし、仕事に15日以上使っている場合は、業務として手続きしておかなければ補償を受けることはできないので注意が必要です。なお、現在では仕事に使うのが15日未満でも、将来15日以上になりそうな場合はできる限り早めに変更を行うようにしましょう。保険会社に使用目的を業務にしたいとお願いすればすぐに対応してくれるため、安心して自動車の運転ができるようになります。ただし、保険料が値上がりして、タイミング次第では追加の支払いが発生する可能性もあるので、保険会社にきちんと聞いたうえで手続きを終わらせましょう。